リアルのスマホ教室講師が格安SIM会社(MVNO)やモバイルWifi会社などのオススメをご紹介しています。

iPadのパスコードがわからない・・・

本日、iPadがどうにも開けない!

という生徒さんが見えられました。備忘録として内容をアップさせて頂きます。


勝手にiOSのバージョンアップ?

その生徒さんは、iPhone8とiPadを利用されていました。(Softbank)

電話で伺ったのは、「iPadがどうにも開けない」ということでした。

画面はHallo、こんにちはが表示されていて、パスコードを入れないと次に進めません。

そこで質問をしました。

Q:パスコードは何ですか?

➡入れた覚えがありません!バージョンアップもした記憶ありません。 という回答でした。

何度か入力エラーすると「15分後にやり直してください」と表示されてしまいます。

Appleのサポートセンターに連絡をされたそうで、パソコンとiPadを接続してiTunes経由でリカバリーモードを使ってデバイスを復元する、と言われやってみました。


リカバリーモード(auのHP)

実際は、アップルのHPを見て作業したのですが、auのHPが画面も詳細にあるのでわかり易いと思います。

↓ ↓ ↓

最初に、パソコンにiTunesをダウンロードしてiPadを接続します。

次に、(電源ボタン)と(HOMEボタン)を同時に20秒以上、以下のリカバリモードの画面が表示されるまで押し続けます。 ※途中でApple ロゴが表示されても放さないでください。

その次に「復元」を押してと言われたのですが、iPadにはそんな画面が出てこない!!!

冷静に考え、iTunesのパソコン側画面に出て来ました。

その後は、auのHP通り順調に工場出荷状態にすることが出来ました。

作業時間は、1時間弱でした。


iPhone,iPadユーザーはパスコードは忘れないように!

ショップ店員よりAppleIDは大事だと教えてもらった方も、パスコードが大事とは教わらなかったかもしれません。

「パスコード」は、touch IDによるロック解除を失敗し続けた場合必要となります。

エラー後にiPhoneやiPadは、Touch IDではなくパスコードでロックを解除するように求めて来ます。 次に、iPhoneやiPadの電源を切り、入れ直した場合Touch IDではなくパスコードを求められます。

恐らく、今日の生徒さんはパスコード自体を設定していなかったのが原因と思います。

iPhone8側は、6桁ではなく4桁で設定されていたので、iPadをリカバリーモードで初期化した後、4桁の同じパスコードを設定しました。


iPhoneやiPadの初期化には、必ずパソコンが必要です。

結構リカバリーモードからの復元は手間がかかりますので、「パスコード」はちゃんと設定して忘れないようにしましょう!


<スポンサーサイト>

スマホ教室のオウンメディア

東京練馬区のスマホ教室kamisyaku-pcでは、スマホのマンツーマンレッスンをしています。 MVNO/格安スマホやモバイルWiFiルーター、通信、レンタルプリンタ―など役に立つ情報を日々アップしています。

0コメント

  • 1000 / 1000