リアルのスマホ教室講師が格安SIM会社(MVNO)やモバイルWifi会社などのオススメをご紹介しています。

UQモバイルのマルチSIM(VoLTE対応)ってどういうもの?

携帯電話やスマホの中に入っています加入者を特定するためのID番号が記録されたICカード=「SIMカード」(Subscriber Identity Module Card)ですが、3種類あることはご存じでしょうか?

初期のiPhoneや現Yモバイルの前身であるイーモバイルのポケットwifiの中には「標準SIM」が入っていました。

その後、iPhone4,4Sの時代は、MicroSImサイズとなりAndroid端末も「MicroSIM」となり、iPhone5以降、Android端末最近のものは「nanoSIM」となってきています。

WEB申込みなどで、現在使っているスマホにSIMカードを入れる場合、自分のスマホにはどのサイズのSIMカードが入っているのか?

大きさを間違えなければいいと思っていました。


UQモバイルのマルチSIM(VOLTE対応)

UQモバイルのオンラインショップでSIMカードを申込みするときには、MicroSIM、nanoSIM、とVoLTE用マルチSIMを選ぶようになっています。


VoLTE用のマルチSIMとは?

docomoにもsoftbankにも、auにもVoLTE(Voice over LTE, Voice over Long Term Evolution)という言葉が出て来ますが、それぞれの規格について対応している端末が違うようです。

たとえば、ドコモでVoLTEに対応した2017年発売機種は、 V20 PRO L-01Jarrows NX F-01KGalaxy Note8 SC-01KGalaxy S8 SC-02JGalaxy S8+ SC-03JAQUOS sense SH-01KAQUOS R SH-03JXperiaTM XZ1 SO-01KXperiaTM XZ1 Compact SO-02KXperiaTM XZs SO-03JXperiaTM XZ Premium SO-04JUQモバイルでマルチSIM対応端末を確認出来ます。動作確認端末ご自分の端末が、UQモバイルのマルチSIMに対応しているか?

事前に調べておかないと、まったく電波を掴まないという事態になりかねません。

(sonyのXperia Z3などは要注意!)

また、UQモバイルでは販売していないiPhone7,7PLUS,8,8PLUS,Xについても、「メール」と「テザリング」が×になっているのでご注意ください。


中古のスマホを使ってUQモバイルのマルチSIMを入れて使う場合ですが、auで利用していたVoLTE対応端末且つSIMロックが解除されている端末をお使いください。

その理由は、VoLTE対応スマホであってもSIMロックがかかっていたり、docomoのVoLTE対応スマホだったりすると、UQモバイルのマルチSIMは利用できないからです。ちょっと難しかったでしょうか???


まとめ

標準、Micro,nanoサイズと3つのSIMカードしかないと思っていた方は、もう1つマルチSIM(VoLTE対応)を覚えましょう。

よりクリアな音声品質となるVoLTE規格にドコモ、softbank、auそれぞれ特徴がある為、SIMロックを解除していないとUQモバイルのマルチSIMが使えません。

また、マルチSIMには、mini、nano、microの3種類に対応しますが、取り外すSIMのサイズを誤ってしまった場合、SIM交換に別途SIMカード交換手数料3,000円が発生しますのでご注意ください。

ご自分のスマホが、UQモバイルのVoLTE対応端末であれば、こちらよりWEB申込み出来ます。

スマホ教室のブログ(オウンメディア)

東京練馬区のスマホ教室kamisyaku-pcでは、良心的価格にてスマホのマンツーマンレッスンをしています。 MVNO/格安スマホやモバイルWiFiルーター、通信、レンタルプリンタ―などを主にお役立ち情報を日々アップしています。 実際に教えた教室でのレッスン内容などもタイムリーに発信していますので是非ご参考として下さい。