リアルのスマホ教室講師が格安SIM会社(MVNO)やモバイルWifi会社などのオススメをご紹介しています。

使っていないiPad(Softbankより購入)にデータ専用SIMを入れる為、u-mobile Sと190PadSIMを比較してみました。

一番古くiPadを販売してきたSoftbankですが、2年契約終了後に契約更新しなかった場合は、Wifi接続して家で使うしかありませんでした。

b-mobileとu-mobileからSoftbankのSIMロックが解除されていないものでも使えるデータSIMカードが販売されています。

12月8日に日本通信(b-mobile)より100MBを190円/月で利用できる「190PAD SIM」が販売されていますので、先行してデータ専用SIMを販売しているu-mobile Sとどれくらい違うのか?を調べてみました。

<比較表>

u-mobile Sデータ専用SIMには、1GB,3GB,5GB,7GB,30GBの5種類しかありませんが、190PAD SIMには使ったデータ容量によって1GBごとに350円という価格設定になっていました。
標準的な3GB/月で比較すると、

u-mobiel S 1,580円/月190PAD SIM 1,240円/月 

ということで340円安くなっています。

両社ともにデータSIMなので契約期間のしばりはありません。

u-mobile Sがお得なのは、毎月のデータ使用量が10GBを超え30GB程度まで使う人に向いています。

何故ならば、10GB以上のプランが190PAD SIMには無いからです!


まとめ

家で眠っているiPadを外に持ち出してインターネット接続して使うには、少ないデータ容量でしたらば190PAD SIMの方がおススメです!

10GB/月以上使うヘビーユーザーでしたら、u-mobile Sをお使い下さい。


スポンサーサイト

スマホ教室のブログ(オウンメディア)

東京練馬区のスマホ教室kamisyaku-pcでは、良心的価格にてスマホのマンツーマンレッスンをしています。 MVNO/格安スマホやモバイルWiFiルーター、通信、レンタルプリンタ―などを主にお役立ち情報を日々アップしています。 実際に教えた教室でのレッスン内容などもタイムリーに発信していますので是非ご参考として下さい。