リアルのスマホ教室講師が格安SIM会社(MVNO)やモバイルWifi会社などのオススメをご紹介しています。

高速インクジェットはラインヘッドの時代へ!/EPSONから発売中。

 
インクジェットのラインヘッド インクを噴出するヘッド
安価なインクジェットプリンターをビジネス用途に使う場合、どうしても印刷時間が遅いことが問題になってしまいます。
「印刷放題」のサービスは、インク代が安い反面印刷スピードまでは期待に応えていないのが実態です。
そんな中2017年2月にEPSONより発売されたLX-10000Fは、分100枚という高速印刷を実現しています。
何故そんなに速く印刷出来るのでしょうか?
それは、インクを噴出する部分(ヘッドと呼ばれています)が1つのヘッドなので繰り返し印刷が必要ないからです。
業界用語では「ラインヘッド」と呼ばれています。
 
日本印刷新聞より掲載
セイコーエプソン㈱(本社・長野県諏訪市碓井稔社長)は、独自のコア技術「マイクロピエゾ技術」をベースとした独創のコアデバイスPrecisionCoreプリントヘッドの発展形として、高速PrecisionCoreラインヘッドを開発した。   新開発のPrecisionCoreラインヘッドは毎分100枚(A4横片面)の高速印刷を実現するために、PrecisionCoreプリントヘッドをさらに進化させ、高密度化と小型化を追求した。 専用のPrecisionCoreマイクロTFPプリントチップを新開発し、従来品よりチップのノズル列を長く、ノズル間隔を狭くし(1.53インチ、333dpi)、1チップあたりの多ノズル化、高密度化を図り、600×1200dpiの高解像度を実現している。 幅約43㍉のヘッドに、プリントチップを36枚斜めに配列させることにより、有効ノズル数約3万3500を配する独創の小型ラインヘッドとなっている。 速乾性にすぐれ、高発色かつ普通紙高画質という、スピードと画質を高次元で実現するインク技術や、ドット抜けの際にノズル詰りを検知する「ノズル自己診断システム」と、画質を調整する技術も採用している。    2017年2月2日
このことにより速くてインク代も割安な高速インクジェットプリンターが世の中に出現しました。
価格は、FAX搭載のLX-10000Fモデルが税別標準価格260万円と決して安くはありませんが、電気代とインク代がトナータイプ複合機と比較すると圧倒的に安いので、これから本体価格がこなれてきたら市場に出回る可能性大です。
現在、インク代を安くしたいのでしたら印刷速度には目をつぶって「印刷放題」サービスを選択することも1つの方法です。
 
こちらのHPでご確認ください。
 

スマホ教室のブログ(オウンメディア)

東京練馬区のスマホ教室kamisyaku-pcでは、良心的価格にてスマホのマンツーマンレッスンをしています。 MVNO/格安スマホやモバイルWiFiルーター、通信、レンタルプリンタ―などを主にお役立ち情報を日々アップしています。 実際に教えた教室でのレッスン内容などもタイムリーに発信していますので是非ご参考として下さい。