リアルのスマホ教室講師が格安SIM会社(MVNO)やモバイルWifi会社などのオススメをご紹介しています。

皆さんのiPhoneバージョンアップしていますか?iPhoneのコントロールセンターが進化しています(iOS11.1.1)

スマホユーザーの約半分がiPhoneユーザーだそうですが、iPhone8発売に伴いiOSが10から11にアップグレードされていくつかの機能が変更になっています。

iOS10のコントロールセンター

iPhoneのHOME画面で画面下から上へスワイプすると表示されるのが「コントロールセンター」です。

iOS10の時代は、このような画面でした。

上段左から「機内モード」、「Wi-Fi」、「Bluetooth」、「おやすみモード」、「画面縦向きロック」のアイコンが並んでいます。

その下のバーで画面明るさを調節出来ます。

その下はあまり使っていないものと思われますが、AirPlayミラーリング(TVにiPhoneの画面を移す機能)、AirDrop(iOS機器やMacとデータを送受信する機能)下から2段目は、Night Shift(夜間に画面のブルーライトを提言させる機能)一番下が、「ライト」、「タイマー」、「計算機」、「カメラ」アプリです。

※2ページ目にスワイプするとミュージックの再生ができます。

「新コントロールセンター」iOS11.1.1

これがiOS11にしてからのコントロールセンター画面です。

新しいコントロールセンターは、左上の4つにアイコンには、「機内モード」と「公衆無線LAN」、「Wi-Fi」と「BlueTooth」へ!その左半分に従来2ページ目にあった「ミュージック」の再生アイコンとなりました。

ここで気を付けて欲しいのは、これまでのiPhone(iOS10)では、Wi-FiやBluetoothのオン/オフは、コントロールセンターで可能だったが、iOS11からは、コントロールセンターでオフにしても、いつの間にかオンに戻ってしまうことがあるのです。

iOS11以降は、コントロールセンターでオフにしても、別の場所に移動したときや午前5時に復活する仕様に変更されています。

Wi-FiやBluetoothの機能を完全にオフにしたい場合は、コントロールセンターではなく、「設定」を利用してオフにするか、機内モードにする必要があります。2段目以降をみると少しアイコンが増えているのがわかりますが、これは「設定」「コントロールセンター」「コントロールをカスタマイズ」でアイコンを増やしたからです。

標準で増えたのは、画面明るさ調整の右となりにある音量調整です。

旧コントロールセンター下段にあった「ライト」、「タイマー」、「計算機」、「カメラ」アプリ以外に追加されたアプリには、「低電力モード」や「アラーム」、「ストップウォッチ」、「メモ」、「ボイスメモ」、「テキストサイズ」、「拡大鏡」、「運転中の通知を中止」、「Wallet」、「Apple TV Remote」アクシビリティのショートカット」アクセスガイド」などを表示させることが出来ます。

この画面で場所を移動させることは出来ませんが、「設定」「コントロールセンター」「コントロールをカスタマイズ」の画面で三の当たりを上下に移動すると順番を変更することが出来ます。

使う予定のあるアプリでしたら、なるべくタップしやすい場所に移動されると便利です。

さあ、いかがでしたでしょうか?

便利になったコントロールセンターを自分なりにカスタマイズしてみませんか?


スポンサーサイト

スマホ教室のブログ(オウンメディア)

東京練馬区のスマホ教室kamisyaku-pcでは、良心的価格にてスマホのマンツーマンレッスンをしています。 MVNO/格安スマホやモバイルWiFiルーター、通信、レンタルプリンタ―などを主にお役立ち情報を日々アップしています。 実際に教えた教室でのレッスン内容などもタイムリーに発信していますので是非ご参考として下さい。